縁切り・タスペーサーとは

千葉市の外壁塗装【平商】屋根塗装 縁切り・タスペーサー

縁切り(えんきり)は屋根を塗装した際に行う作業です。

縁切りとは薄型化粧スレ-ト屋根(スレ-ト瓦)商品名で言うとコロニアルカラーベストの屋根の塗り替え時に必要な作業です。従来は屋根塗装後にくっついてしまった塗膜をカッター等で切っていくという地道な作業でした。現在ではタスペーサーという部材の挿入で縁切り作業を行う場合が増えてきています。

 

屋根塗装 縁切り・タスペーサー

 

カッター等による縁切り、タスペーサー工法、いずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業ということになります。

 

 

なぜ縁切りが必要なのか?

雨漏りを防ぐため

縁切りをする最も大事な理由は雨漏りを防ぐためです。「屋根と屋根の間に隙間を作ると雨漏りしてしまうのでは?」実はこれは逆で屋根と屋根の間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険なのです。雨水は台風・大雨など想定外の雨が降った時には構造上、屋根材の下にも入り込みます。そこで入り込んでしまった雨水をどうやって排出するのかが重要となります。縁切りが必要な薄型化粧スレ-トの屋根材は表面に溝があり、この溝から侵入した雨水を排出します。しかし屋根塗装をした際にこの溝を塗料でふさいでしまう事があります。そうなると雨水の逃げ場がなくなり、結果として屋根下地の腐食や雨漏りを引き起こす事になります。

 

内容結露を防ぐため

結露は物質の内側と外側の気温差が生じた際に発生します。建物内の温かい空気は上昇する性質があり天井を通して屋根裏まで上昇します。一方屋根の外側は外気と接しているので日中は暑さに、それ以外の時間は寒さにさらされています。屋根の内側が温まり外側が冷える事により結露が発生します。縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根内部に結露した水分がたまってしまい、中の断熱材や木材を腐らせてしまいます。

 

屋根塗装 縁切り・タスペーサー

 

屋根塗装 縁切り・タスペーサー

 

縁切りとタスペーサーどちらがいいのか

縁切りはこんなにも大事な作業ですが従来の縁切り工法とタスペーサー工法どちらを選べばいいのでしょう?

従来の縁切り工法は上塗り(乾燥後)→縁切りの タイミングで行います。そのためその時は縁切りが出来ても重なり部分に入った塗料は中々乾かず再度くっついてしまう可能性があります。せっかく完成した塗装を踏んで汚してしまうのも問題です。作業時間も建坪30坪程度の屋根で2人がかりでまる1日かかります。タスペーサー工法は下塗り(乾燥後)→タスペーサー挿入となるので完成した塗装を汚してしまう事もありません。また従来の縁切り工法と比べると下塗り後に挿入するだけなので作業時間が大幅に短縮でき、結果としてコストも抑えられます。

 

従来の縁切り工法の問題点

・せっかく仕上げた塗装を傷つけ汚してしまう

・手間と時間がかかりコストがあがる

タスペーサー工法の利点

・綺麗に仕上げた塗料おを汚さないで済む

・時間を短縮できコストを抑えられる

 

この通りいいことずくめなので従来の縁切り工法ではなくタスペーサー工法で作業を行う場合がほとんどです。

 

屋根塗装 スレ-ト屋根

 

※タスペーサーが必要でない場合や、取り付けられないケ-スもございます。

 

 


 

千葉の外壁塗装・屋根塗装なら平商まで

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせはこちら